SONY Xperia X 発表。同サイズ3モデル展開に


ソニーモバイルコミュニケーションズはMWC2016にて、Xperia Xシリーズを発表しました。

Xperia X all

Xperia Xシリーズは第5世代まで続いたXperia Z シリーズを置き換える新ライン。前回はZ5 Premium(5.5インチ)、Xperia Z5(5.2インチ)、Z5 Compact(4.6インチ)とサイズ違いで3モデルのラインナップでしたが、今回発表されたのは3モデルとも5インチと同サイズ、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色の同一カラーバリエーションで展開されるという異色のラインナップとなりました。3モデル間の違いは主にSoCなどのスペックとなっています。

Xperia X Performance

xperiax - 1
Snapdragon 820搭載のハイエンドモデルで、事実上のXperia Z5後継機。23MPカメラ、1920×1080 フルHD液晶を搭載。LTE cat 9に対応。日本のキャリアから発売されるのはこのモデル。

Xperia X

xperiax - 3
Snapdragon 650搭載、今回発表された中ではメインストリームとなるモデル。SoCと防水に非対応な点以外は概ねPerformanceと同一となっています。

Xperia XA

xperiax - 2
Mediatek製Helio P10 MT6755 オクタコアを搭載したスーパーミッドレンジモデル。13MPカメラ、1280×720 HD液晶、指紋認証非搭載など、スペックが抑えられています。Xperia Mシリーズを置き換えるモデルだと思われますが、国内未発売の現行モデルXperia C5 Ultraのような狭額縁のデザインが特徴となっています。

 

Z5世代と比べて外観は、背面がガラスからメタルに(XAはプラスチック)、フロントガラスがiPhone 6のようなラウンドエッジに、ブラック、ホワイト以外のカラーでもベゼルが本体カラーと同色に、背面ロゴは「SONY」から「XPERIA」に変更されています。新機能は、動きを先読みするPredictive Hybrid AF、バッテリー状態に対して充電最適化を行うことで、充電時間の短縮やバッテリー長寿命化をもたらすバッテリー制御技術など。

これまで5.2インチだったのが5インチと小さくなり、持ちやすくなりそうです。また、国内に投入されるPerformanceはSnapdragon820にSoCが更新ということで、昨年物議を醸したZ4、Z5より発熱が抑えられていることを願いたいです。新シリーズ名の「X」は、かつてのXperia X10(SO-01B)やXperia X1などでも使われたアルファベットであり、原点回帰という意味が込められているのでしょうか。

スペックはここ2年ほど飽和気味、さらにドコモは端末実質負担額の値上げを発表しており、端末メーカー側からすると厳しい状況ですが、なんとか踏んばって欲しいところです。

スポンサードリンク

SONY Xperia X 発表。同サイズ3モデル展開に」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Xperia XZ / Xperia X Compact 発表。USB Type-CやレーザーAFを搭載 | かがろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です