MDR-1RBT用の社外製イヤーパッドを試す


2年以上使用しているSONYのBluetoothヘッドホン「MDR-1RBT」のイヤーパッドがボロボロになってきたので交換しました。

mdr1rbtearpad-11

到着まで

mdr1rbtearpad

純正品は左右合わせて4320円と高価なので、Amazonにて左右で910円(当時)のノーブランド品を注文しました。

海外からの配送で、到着まで1週間ほど要しました。郵便受けに直接投函されて届きました。

 

外観

mdr1rbtearpad-2

mdr1rbtearpad-3

mdr1rbtearpad-6

保守部品なのでパッケージは簡素です。純正品には入っていた赤いラインは見当たりません。

 

交換

mdr1rbtearpad-4

mdr1rbtearpad-5

交換前の写真です。シワシワのボロボロです。

mdr1rbtearpad-7

mdr1rbtearpad-8

交換後の写真です。交換前と比べて厚みが全く違います。相当しぼんでしまっていたのでしょう。新品時の装着感が戻ったように感じます。大変気持ちいいです。

mdr1rbt

一方で価格が反映されていると感じた点もありました。振動板を覆うメッシュが粗くなり、交換前の純正イヤーパッドでは見えていた液晶ポリマー振動板が見えなくなってしまいました。また、上記の違いのためか、音質も交換前と比べて少し音が籠もったような印象を受けました。

mdr1rbtearpad-11

とは言っても、今後も気持ちよく使っていけそうなので悪くない投資だったと思います。あとは劣化速度が気になるところですが、安いのですぐボロくなってもまた買えばいいかなぐらいの気持ちで使っていこうと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です