【Cp+2016】Panasonic LUMIX DMC-CM10 ブースレポート


2月25日~28日までパシフィコ横浜にて開催されていたカメラと写真映像のワールドプレミアショー「Cp+ 2016」。

cm10-cpplus2016-5

Panasonicブースにおいて、2月25日に発売になったばかりのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM10」が展示されていたので触ってきました。

cm10-cpplus2016-2

DMC-CM10本体。グリップ上のLUMIXロゴは白に、リングキャップの色はブラックに変更されました。今後、GRのように複数色ラインナップされて交換できるようになったりしても面白そうですね。

cm10-cpplus2016-6

そして待望のストラップホールが底面に付きました!ユーザーからの要望が大きかったため、搭載される運びとなったそうです。以前の記事にも書きましたが、CM10/CM1は持ち歩く頻度が高くて高価なカメラですので是非ともストラップを通して使いたいところです。

CM1ストラップホールLUMIX DMC-CM1の落下対策法を検討する
Do! (挨拶) 先日から使いはじめたLUMIX DMC-CM1ですが、外観レビューの記事でも書きましたがストラップホールが配置されていません。 ...

ストラップホールが付いた代償として、CM1で同じ位置にあった充電用端子が廃止されました。専用クレードル(充電台)の発売予定があるか伺ったところ、残念ながら今後も予定はないとのことでした。

cm10-cpplus2016-8

COTTAの専用ハードジャケットも展示されていました。

cm10-cpplus2016-7

手持ちのCM1に試着してみました。こちらはレンズカバーを外した状態。開閉部にはマグネットが仕込まれています。

cm10-cpplus2016-10

液晶面。ガラスの4隅が覆われているので落下時の耐久性もそこそこ期待できそうです。また、グリップ部にはゆるやかに盛り上がっており、カメラとしての持ちやすさが向上しています。

cm10-cpplus2016-3

専用レジャージャケットも展示されていました。こちらはレンズが保護されていませんが、質感は高め。

cm10-cpplus2016-4

革が分厚くてしっかりとグリップできます。中央部が丸く切り欠かれていてホームキーや通知バーにアクセスしやすくなっている点も技ありという感じです。私が買うならこちらですね。

周辺機器を含め実際に手にとって試したり、メーカーの人と直接話ができる貴重なブースでした。来年はどんなコミュニケーションカメラが出てくるのか楽しみです。別会場にてCM10/CM1についての技術セミナーも聴講してきたのでそちらも追ってレポートしたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です