手ブレを防止!CM10/CM1のグリップを改善するアクセサリー


1インチセンサーを搭載したPanasonicのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM1」および「LUMIX DMC-CM10」。この記事では手ブレを防止する目的でグリップ感を改善するアクセサリーを、実際に試しながら紹介していきます。

cm1grip-11

 

手ブレの原因

CM1/CM10はスマートフォンとしても使えるように薄型化、小型化を追求しているため、下記のように手ブレしやすい条件が重なっています。

・手ブレ補正機能非搭載
・本体が薄く持ちにくい
・2000万画素と高画素(像が細かい分手ぶれが目立つ)
・ほぼ全面タッチパネルで親指が滑りやすい
・グリップが平面でホールドしづらい

基本的にはISO感度を上げてシャッタースピードを稼いだり、両手でしっかりホールドして撮影すれば問題ないですが、ハッとした瞬間に片手で撮影するときなんかは無視できない頻度で手ブレしてしまいます。

今回は後ろ2つの問題点を克服することを目指します。

 

ハクバ フリップバック カメラグリップ

cm1grip-3

「ハクバ フリップバック カメラグリップ」はカメラ本体に貼り付けるタイプのカメラグリップです。ラバー系の弾力のある素材で、価格も約1000円と気軽に試すことができます。G1、G2、G3、G4の4種類がラインナップされています。それぞれの違いはグリップの大きさや形状です。

カメラグリップG1

cm1grip-1-2

cm1grip-2-2

小さくてシンプルなタイプです。

カメラグリップG2

cm1grip-3-2

cm1grip-8-2

大きさはG1とほぼ同じで、指が自然にかかるようにカーブをつけたタイプです。

カメラグリップG3

cm1grip-4-2

cm1grip-5-2

グリップの傾斜をきつくしたタイプ。4種の中で幅が一番小さいです。

カメラグリップG4

cm1grip-6-2

cm1grip-7-2

G3と同じくグリップの傾斜がきつく、4種の中で一番大きなタイプです。表面にシボ加工が施されています。

cm1grip-6

G4が一番グリップ感がありそうですが、本体がかなり厚くなってしまいそうなので今回はG2を選択しました。

cm1grip-7

貼り付け位置を決めたら、裏面のフィルムを剥がして貼り付けます。密着性が悪くなるので、貼り付ける部分は予めアルコールなどで拭いて油分を取り除いておきましょう。

cm1grip-9

cm1grip-10

cm1grip-13

今回は端に貼り付けました。何度か貼り直していますが、粘着力は十分残っています。

cm1grip-12

cm1grip-8

厚みはレンズの出っ張りとほぼ同程度です。

 

レザーシール

続いて親指が滑らないよう、ベゼル(液晶の額縁部分)にレザーシールを貼ります。

cm1grip-1

今回は東急ハンズの手芸コーナーにて、本体のレザー風の表面処理に近い質感のものを見つけたのでこれを使用します。250円で入手しました。

cm1grip-2

カッターナイフと定規で64mm×9mm(ピッタリの場合)に切り出します。多少切り過ぎてしまっても問題ありません。こちらも裏面のフィルムを剥がして貼り付けます。

cm1grip-4

cm1grip-5

まずまず馴染んでくれました。分厚いものを使用するとナビゲーションキー(ホームボタンなど)が押しにくくなるので、できるだけ薄いものを選ぶのがポイントです。

 

使用感

cm1grip-14

cm1grip-15

なにも付けていない状態と比べて、中指と親指でしっかりとグリップできており安定感が全く違います!また、ポケットから取り出しやすくなるという嬉しい誤算も。

一方でカメラグリップはスマートフォンとして持ったときに異物感を感じてしまいます。とはいえしばらく使っていれば慣れてくるかなというレベルです。

 

手ブレ防止効果実験

実際に手ブレ防止効果があるのか、簡単な実験をしてみました。机上に置いたキーボードを俯角約30~60度の範囲で複数枚撮影し、それぞれの写真のブレ具合を4段階で評価します。

条件
1.グリップ&レザーシールあり、両手でホールド
2.グリップ&レザーシールあり、片手でホールド
3.グリップ&レザーシールなし、両手でホールド
4.グリップ&レザーシールなし、片手でホールド

評価
◎・・・等倍拡大してもバッチリ
◯・・・拡大するとわずかにぶれているが作品として通用するレベル
△・・・多少ブレているが記録写真&SNS投稿ならOK
☓・・・明らかにブレている

gripexperiment

ISO感度は400、露光時間はそこそこ手ブレする1/25secとしました。ヒザは曲げず、前傾姿勢で撮影しています。息を止めたり、脇をきつく絞めたりはしていません。

実験結果は下記のようになりました。

grip-bothgrip-one

nogrip-bothnogrip-one

評価◯以上の割合をみると、グリップを付ける前と後で、両手では10ポイント、片手では24ポイント改善されました。適当に行った実験なので数値は鵜呑みにはできませんが、とくに片手でさっと撮る場合には、ある程度手ブレ防止効果が期待できると言って良いのではないでしょうか。

 

まとめ

総額1250円と安価に試すことができるわりに効果が大きく、グリップ感が欲しいという方や手持ちで低速シャッターを多用する方に是非オススメしたいアクセサリーです!後継機ではオプショングリップや手ブレ補正が搭載されるのを願いたいところです。

 

スポンサードリンク

手ブレを防止!CM10/CM1のグリップを改善するアクセサリー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LUMIX DMC-CM10の最安値が55,000円を割り込む | かがろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です