【撮影記】「あじさい寺」京都宇治 三室戸寺の紫陽花と蓮の葉


紫陽花を撮りに京都宇治の三室戸寺まで行ってきました。

photo-15.jpg
EOS 6D EF16-35mm F4L IS USM / 23mm, 1/40 F11 ISO 100

三室戸寺には大きな紫陽花園があり、梅雨の時期には多くの観光客で賑わうことから「あじさい寺」とも呼ばれています。アクセスは京阪三室戸駅から徒歩15分程度。

photo-1.jpg

photo-2.jpg

photo-8.jpg

花に水滴が付く雨の日を狙って行ったのですが、着いた頃には雨が降ったり晴れたりといった空模様でした。

photo-18.jpg
EOS 6D EF24-70mm F4L IS USM / 57mm, 1/60 F8 ISO 100

入ってすぐ右方にあじさい園が広がっていて、この時点で大興奮なわけです。

photo-4.jpg

紫陽花の数はなんと一万株。

photo-5.jpg
EOS 6D EF16-35mm F4L IS USM / 35mm, 1/100 F8 ISO 100

photo-6.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/100 F4 ISO 100

photo-7.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/80 F5 ISO 125

ここまで来てマクロで撮るという贅沢。三脚使用禁止なのでハイブリッドISが活きます。

photo-9.jpg

本殿。こちらでは蓮が楽しめます。開花は7月~8月。

photo-12.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/1000 F2.8 ISO 100

photo-14.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/320 F4 ISO 100

photo-10.jpg
EOS 6D EF24-70mm F4L IS USM / 70mm, 1/80 F9 ISO 100

photo-13.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/100 F4 ISO 160

蓮の葉の表面には微細な凹凸があって、水を弾くそうです。小さな水滴だと表面張力でほぼ球状に。

photo-11.jpg
EOS 6D EF100mm F2.8L Macro IS USM / 1/80 F18 ISO 500

水滴が集まるとデローンとした塊になります。風で葉が揺れると葉の中でブヨブヨと動き回る様子がまた面白い。

photo-16.jpg
EOS 6D EF16-35mm F4L IS USM / 35mm, 1/250 F4 ISO 100

photo-17.jpg
EOS 6D EF16-35mm F4L IS USM / 16mm, 1/80 F8 ISO 100

今年は紫陽花の開花が例年に比べて早いようで、すでに見頃を迎えており、尚且つ雨上がりということで、美味しいタイミングで撮影することができました。ピークはおそらく今週末か来週末。8時半から参拝できるので人混みを避けたい場合は朝一番で来るのが良いでしょう。帰りは宇治で和スイーツ、というのも一興です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です